*
いままでの私のブログ

  2020 年 01 月 02 日 Go言語手始め
最近、プログラミング言語「Go言語」に 「Webアプリケーション開発に最適な
言語」と関心が高まっている。

「Go言語」はGoogleが開発したオープンソースのプログラミング言語で、単
に 「Go(ゴー)」とも「golang」とも呼ばれる。日本では「Go言語」が分かりや
すい。                               
「Go言語」は、2009年、Googleで Robert Griesemer、ロブ・パイク、ケン・
トンプソンによって設計されたコンパイル言語で、実行スピードの早いプロ
グラムを作成することができ、全世界で導入が広がっている。      

また、Go言語を扱う技術者の年収は、他の言語を扱う技術者の年収より高い
とか、Go言語をマスターしたいと考えている技術者が多くなっているとかと
云われている。

そこで、Netから情報・サンプルプログラムを得て、Go言語を試してみた。

(1)「Go言語」をインストール。簡単なプログラム("hello, world")の実行。
(2)「Go言語」のプログラムで、MySQLのデータを検索・表示    
(3) 簡単なWebプログラム                    

参考書は、初心者には敷居が高かったが、"Goプログラミング実践入門~
インプレス刊、 Sau Sheong Chang著、武舎広幸、阿部和也、上西昌弘訳 

開発環境:Raspberry Pi Model 1B (Raspbian release 9.6 (stretch))

Go言語への敷居はだいぶひくくなった。今後、機会があったら、本格的に Go言語に挑戦してみたい。

Go言語テストの結果

それにしても、手軽に使えるPHP言語の良さを再認識した。
PHPは、Web上のHTML文書をそのまま表示するという静的なものから、動的に文書に手を加えて表示する。
さらにクライアントからHTML文書でデータを集めたり。ファイルのアップロード機能を加えてきた。
Webの情報検索から、普遍的なWebアプリへとなってきた。

普通のアプリ、秒当り 100万件のトランザクションといった過酷な条件をクリアーしなくてはならないような
アプリ以外のアプリでは、PHPはまだまだ十分に利用できると思える。